真夏は大人も子供も汗をよくかくので脱水症状になりやすく、ニュースなどでもひっきりなしに注意喚起されているので意識している人も多いはずです。しかし、高齢者の場合は夏だけではなく一年中脱水症状を起こす危険があるので、特に注意しなければなりません。最近は高齢の両親と離れて暮らしている人も多く、健康をこまめにチェックするのも難しいです。気付かないうちに深刻な脱水症状になってしまい、手遅れになってしまう可能性もあるので普段から予防対策をしっかり行っておく必要があります。高齢者はなぜ脱水症状になりやすいのか、発症した時にはどんなサインが見られるのかを知り、どのように予防や看護をすれば良いか考えるようにしましょう。

高齢者に脱水症が多い理由

脱水症というのは、その名の通り体内にあるべき水分が失われてしまった状態のことです。私たちの身体はほぼ水で出来ていると言っても過言ではなく、成人男性の場合は体重の約6割が水分です。脱水症になるとこの水がどんどん身体から抜け出していくのですが、失われるのは単なる水だけではなく、ナトリウムまで一緒に無くなってしまいます。身体が正常に機能するためには水分とナトリウムがバランスよく存在していることが欠かせないので、両方もしくはどちらかが著しく不足してしまうと様々な不調が現れてしまいます。

例えば、酸素や栄養素がスムーズに運ばれなくなるために体温調整が出来なくなったり、老廃物が身体に溜まり続けるといった症状が起こります。その状態が長く続けば身体はどんどん悪化し、最悪の場合は命を落としてしまうこともあるので油断できません。厄介なことに脱水症は自覚症状がなかなか出ないため、本人はもちろん周囲も変化に気付きにくく、発症しているにも関わらず有効な看護が行われていないことも多いです。

中でも特に注意が必要なのが、脱水症を発症しやすい高齢者です。私たちは、いつも普通に生活しているだけでも毎日2リットル以上もの水分が排出されています。尿だけでなく無意識の汗や呼吸などからも少しずつ水分は蒸発しており、その量は意外と多いです。健康な人であれば失われた水分を敏感に察知して喉の渇きを覚え、水分補給することができるのですが、高齢者になると身体の様々な機能が衰えているので正常に喉の渇きを自覚することができません。喉が渇かなければ当然水を飲もうという気にならないので、実際に身体から水分が抜けているのに補給が追い付かない状態になります。

また、高齢者になると胃の機能も低下し、なかなか満足に食事を摂れません。水分は飲料水だけでなく食事から摂取する量も多いので、食べる量が減ると必然的に水分不足に陥ります。

トイレが近い高齢者さらに、高齢者はトイレがかなり近いというのも影響しています。膀胱に尿を貯めておく機能も衰えるため頻尿になりがちで、煩わしさから水分補給を控えてしまう高齢者も多いです。足を悪くして満足に動けなくなったり寝たきりで看護をしてもらっている人は、他人に下の世話をさせるのを嫌がってトイレを我慢してしまうこともあります。このケースはかなり厄介で、喉の渇きを自覚しているのに極限まで水分の摂取を控えるので、自ら脱水症を招いているようなものです。この他、高齢者になると服用する薬の量が増えることも原因の一つです。心臓に持病がある場合、肺に水が溜まりやすいので体内の水分量を減らす目的で、敢えて利尿剤を服用します。利尿剤のおかげで心臓への負担は軽減するのですが、その一方で体内の水はどんどん減少していきます。このように、様々な理由から高齢者は脱水症に陥りやすい条件を備えていると言えます。

脱水症で見られるサイン

脱水症は様々な不調を引き起こすだけでなく、命にも関わる心筋梗塞や脳卒中などの原因にもなるので注意が必要です。血液中の水分が少なくなればドロドロの血液になり、血栓ができて血管を塞いでしまいます。すると心臓や脳など重要な器官に酸素と栄養が行かなくなり、大ダメージを受けることになります。ドロドロ血液運よく命が助かったとしても、ダメージが大きければ後遺症が残ったり寝たきりになり、誰かに看護してもらわなければなりません。高齢者ほど深刻な状態になるリスクが高いので、本人だけでなく看護する周囲の人も脱水症にはくれぐれも気を付ける必要があります。

脱水症はなかなか自覚症状が現れないので早期発見が難しいですが、中には比較的分かりやすい症状もあるので知っておくことが大切です。脱水症のサインは症状の深刻度によって異なり、水分の減少が2%以下の軽度脱水の場合は眩暈やふらつき、口の渇きや吐き気など一般的な不調が見られます。脱水状態にあるのに大量の汗が出ることも特徴的なサインで、これは体内の水分不足により体温調整機能が乱れている証拠です。自覚症状はほとんどありませんが、このような症状が複合的に見られる場合は脱水状態になっている可能性が高いです。

水分の減少が9%以下の中等度脱水に至ると、体調不良を自覚できるレベルになります。尿の量や頻度が著しく低下したり、頭痛や嘔吐、身体の怠さや精神不安定などが見られます。軽度脱水の時に見られていた大量の汗が一気に引き、暑さを感じるのに汗が出ないなどの症状が現れます。水分の減少が10%以下になると重度脱水になり、命の危険が発生します。意識が朦朧となったり痙攣を引き起こし、嘔吐や昏睡状態、呼吸困難に幻覚など重篤な症状が現れます。ここまで来ると嫌でも異変を感じることができますが、中には水分の減少が進んでいるのにこういった明らかな症状が出ない高齢者もいるので注意しなければなりません。

親指の爪を押しているイラスト脱水症になっているのに症状が見られない状態をかくれ脱水と呼ぶのですが、かくれ脱水を見つけるサインもいくつかあります。まず代表的なのは、親指の爪をぐっと押してみるという方法です。爪の下には毛細血管が走っており、皮膚で覆われていないので比較的血管の変化を見やすい場所になっています。脱水症になると血行が悪化するので、爪を押したときの白い状態がいつまでも続きます。通常は爪を離せばすぐピンク色に戻るのですが、3秒以上経っても白いままだと血行悪化が進んでいるサインなので注意しましょう。また、手の甲の肌を軽く引っ張るのも効果的です。本来肌には十分な水分が含まれているのですが、脱水症だと肌の水分が減少するので弾力が低下し、引っ張った皮膚がなかなか元通りになりません。こちらも3秒以内に肌が元通りにならなければ、脱水症になっている可能性が高いでしょう。

いずれも簡単にチェックできるので、高齢者本人や看護者がこまめにチェックしてあげてください。

脱水症の予防と看護方法

高齢者の場合、一度脱水症になってしまうと発見も回復も簡単にはできないので、いかに脱水症を予防するかが重要になります。健康な若者と違い、高齢者は脱水しやすいうえに自覚が難しいので、家族や看護する人が注意深くチェックすることが大切です。脱水を予防するには、まず高齢者を含めた大人が1日に必要とする水分量を知ることから始めましょう。一般的な人の場合、1日に身体から出ていく水分は高齢者で約2.5リットルです。

脱水症を防ぐには失われた水分と同量を補給しなければならないので、食事から摂取する水分を除いて約1リットルから1.5リットルは水を飲まなければなりません。高齢者は自分でなかなか水を飲もうとしないので、看護者が積極的に水分を勧めてください。また、いくら水分を摂ると言っても、一気にこれだけの量を飲めば良いというものでもありません。一気に飲んでも一気に尿として排出されてしまうため、体内を長時間循環させることができません。

効率よく水分を補給するには、定期的に少しずつ飲むことが大切です。ただ、高齢者はトイレを嫌がってこまめな水分補給を避ける傾向が強いので、生活の中でタイミングを合わせて水を飲むように看護者が勧めてあげましょう。例えば朝起きた時や食事と一緒に飲んだり、おやつの時間にも必ず1杯飲むようにするなど、習慣づけることで無意識に水分補給する癖が付きます。脱水症の予防には兎にも角にも水分補給が重要なので、看護者が1日分の水分をペットボトルや水筒などに入れ、1日のうちに飲みきるように話してみてください。高齢者は漠然と水分を摂れと言われても分かりにくいですが、必要量が目に見える形で置いてあると自然と摂取しやすくなります。

看護している様子また、高齢者が脱水症になってしまった場合に備えて、周囲の人が看護方法を知っておくことも大切です。看護といっても難しいことはなく、基本的には軽度の脱水症までなら水分補給と塩分補給を行うだけの看護で回復できるので簡単です。看護師など特別なスキルが無くてもできるので、脱水症を発見したらすぐに行ってください。看護で水分を摂らせる際は、必ず塩分も一緒に摂らせましょう。水だけを大量に補給してしまうと血液中のナトリウム濃度が一気に薄くなり、濃度を元に戻そうとして身体が本能的に水分を尿として出してしまいます。これでは高齢者の脱水症が悪化する一方なので、看護の意味がありません。

また、水分と言っても緑茶やコーヒーなどは利尿作用があるカフェインが豊富に含まれるので厳禁です。看護する場合は水に対して0.2%以下の食塩を溶かしたものを飲ませるのが有効ですが、より水分の吸収率を高めるために10度程に冷やしておくと尚良いです。ただ、心臓や腎臓に持病がある高齢者は看護とはいえ水分補給が望ましくないこともあるので勝手に飲ませてはいけません。看護が必要だと判断したら、まずは主治医に相談して指示を仰ぐようにしましょう。ちなみに、中等度以上の脱水症になっている場合は、一般人の看護では回復は期待できません。基本的には点滴をしなければ効果は薄いので、すぐに医療機関を受診して看護師に点滴をしてもらいましょう。

ウォーターサーバーは脱水症予防にも効果的

ペットボトルと水高齢者は脱水症になりやすいので、こまめな水分補給が欠かせません。高齢者に限らず、私たちの身体は1回の水分補給が200ミリリットルを超えると、余った分が尿となって排出されてしまいます。つまり一度に大量に飲んでも意味がなく、いかに回数を分けてこまめに飲むかがポイントになります。ただ、一人暮らしの高齢者の場合はコップ1杯の水を飲むためにわざわざ何度もキッチンへ行くのは億劫なものです。

硬水のウォーターサーバー 高齢者が1日に必要な水分量は1.5リットルなので、単純に計算しても1日に8回は水を汲みに立たなければなりません。足腰が悪い高齢者にとっては大変な作業ですし、水汲みが面倒になって水分補給を後回しにしてしまうこともあるでしょう。これでは脱水予防などできるはずもないので、楽に水を汲めるような配慮が必要です。

例えばペットボトルなどに予め1.5リットル分の水を用意して手の届く範囲に置いておいたり、卓上型のコンパクトなウォーターサーバーを設置するのも良いでしょう。これなら毎回キッチンまで移動する手間がありませんし、直ぐに手が届くのでこまめな水分補給が可能になります。本人や看護者はペットボトルの衛生面が気になる人もいるでしょうが、ウォーターサーバーなら密閉された新鮮なボトルから逆さまに水が出てくるので、雑菌が入り込んで繁殖する心配もありません。

また、ウォーターサーバーに設置する水の銘柄は自分達で自由に選ぶことができるので、マグネシウムなどをほとんど含まない純水を飲むこともできます。高齢者は胃腸の機能も低下しているので、負担のかからない純水は健康面でも大いにメリットがあります。逆に腸の筋肉の衰えなどで蠕動運動が鈍り、便秘に悩まされている高齢者なら、便秘解消効果を持つマグネシウムがたっぷり入った硬水を飲むと良いでしょう。毎日硬水を飲んでいると、便が柔らかくなって排便がスムーズになります。脱水症の予防と便秘解消が同時に行えるので、硬水のウォーターサーバーはかなりお勧めです。ウォーターサーバー

また、高齢者は緑茶を好んで毎日飲むことが多いですが、実は緑茶には強い利尿作用があるので脱水症を悪化させてしまいます。水分補給のつもりで緑茶を飲んでいてもあまり効果は期待できないので、せっかく飲むのなら水にしましょう。ただ、市販のペットボトルの水は購入するのも持ち運ぶのも重くて大変で、看護者に買ってきてもらうのも心苦しいものです。ウォーターサーバーなら、重たいボトルは専門の配達業者が自宅まで持ってきてくれるので何も手間がかかりません。水が無くなる頃に自動的に次回のボトルを配達してくれるサービスもあるので、水を切らして困るようなこともないでしょう。

高齢者にとっても看護者にとっても、手間をかけずにこまめな水分補給をしやすくなるのウォーターサーバーは脱水予防にとても効果的です。

水道直結型(ボトルレス)ウォーターサーバーおすすめランキング

水道直結型(ボトルレス)のウォーターサーバーを比較し、おすすめの商品をランキング形式でご紹介します。さまざまな側面から比較して、もっともニーズに合ったウォーターサーバーを選んでみてください。

1位 COOL QOO(クールクー)

Coolqoo >>公式サイトはこちら

初期費用4,200円(税別)~
月額費用4,200円(税別)~
電気代月800円ほど
メンテナンス代年1回(無料)
解約金ご契約から36ヶ月以内の早期解約の場合には、早期解約手数料として1年以内30,000円(税別)、2年以内20,000円(税別)、3年以内10,000円(税別)がかかります。37ヶ月目以降/36ヶ月を超えてお使いいただいた場合には、早期解約手数料はかかりません。

撤去費用は、10,000円(税別)となっております。

水道直結型の「COOL QOO(クールクー)」は、大規模工場のろ過システムを採用した、小型のウォーターサーバーです。

定額のサーバー代だけで、しっかりとろ過された水を自由に飲むことができます。年に一度の有人メンテナンスも実施。逆浸透膜を使用したろ過システムが、放射性物質まで除去します。

特徴的なのは、通常の「ROろ過水」だけでなく、「ROろ過水素水」のコースが用意されている点です。美容に関心の高い方から注目を集めているお水は、女性からも好評となっています。現在、お友達紹介キャンペーンなどもありますので、お得に利用できるチャンスとなっています。

2位 ピュアウェーブ

水道直結で安心安全な温水と冷水が使い放題

初期費用無料
月額費用4,200円(税別)
電気代月1,000円ほど
メンテナンス代無料
解約金3年以内に解約の場合は違約金が発生

「ピュアウェーブ」は、簡単に設置できる水道直結型のウォーターサーバーです。

水道に分岐具を取りつけて、そこから給水するため、難しい工事の必要がないのが特徴となっています。フィルター交換もワンタッチで行えるため、社内で交換するときにも困りません。ROフィルターでろ過された安心して飲めるお水を、定額で利用できます。

3位 楽水(らくみず)

樂水ウォーターサーバー

初期費用無料
月額費用4,250円(税別)
電気代月1,000円ほど
メンテナンス代無料
解約金3年以内に解約の場合は、残り契約月数×レンタル料の40パーセントの違約金が発生

「楽水(らくみず)」は、水道直結型(ボトルレス)のウォーターサーバーです。

さまざまな料金プランが用意されているのが魅力で、ニーズに合わせて料金を比較検討できます。「お手軽プラン」ではサーバー代3,500円で初回設置工事費18,000円がかかりますが、「工事費無料プラン」ではサーバー代4,250円で初回設置工事費無料となっています。

買取プランも用意されていますから、必要に応じてプランを選んでみてください。

RelationContent

こちらの記事もおすすめです!